ひとりでお寿司屋さんデビューしたい人必読!漫画『ごほうびおひとり鮨』

当ページのリンクには広告が含まれています。

カウンターのお寿司屋さんに一人で行ったことはありますか?もしかしたら、「敷居が高そう」「マナーが分からない」「一人だと白い目で見られるんじゃ……」など、いろんな心配があるかも知れません。

今回ご紹介する漫画『ごほうびおひとり鮨』を読めばそんな不安が和らいで、一人でお寿司屋さんの暖簾をくぐる勇気が出てくるはず。そして今すぐお寿司が食べたくなること間違いなしです!

目次

『ごほうびおひとり鮨』のあらすじ

あらすじ

主人公は、10年以上付き合っていた彼氏に突然別れを告げられた伊崎藍子、31歳。
職場の後輩に「もうすべて失ったんだから、どんな贅沢をしても許されるのでは?」とからかい半分に慰められたり、取引先の営業担当・子安(鮨オタク)の「自分にとっての贅沢といえば鮨」という発言から「贅沢」というキーワードが心に残り、傷心を癒す自分への贅沢として思い切ってお寿司屋さんにひとり足を踏み入れたが最後、お寿司の沼にハマっていくーーー

というストーリーです。

幸せはお寿司の形をしてやってきた

主人公の藍子さんはお寿司の知識はまったくナシ。当然、ひとりでお寿司屋さんに行ったこともありませんが、信頼できそうな口コミの鮨オタク「よだれ5リットル」氏のレビューを参考に、予約をせずに勢いのまま思い切ってお寿司屋さんに向かうことに。「女性がひとりで入っていいの?」「値段がすっごく高かったらどうしよう……」と未知の世界に緊張しながらも、勇気を出して暖簾をくぐります。

しかし、お店でお寿司を食べる際のやりとりやお作法も分からないままただただ流れに身を任せるうちに、お寿司の底なしの魅力に引き込まれ始めている自分に気付くーーー。1巻の最後には「幸せはお寿司の形をしてやってきた」という歴史に残る名言を残しています(名言です、ええ)。

最初は右も左も分からず勢いのままお寿司の世界に足を踏み入れた藍子さん。本作全5巻では、「よだれ5リットル」氏のレビューを参考に主に東京都内のさまざまな寿司店を巡りながら、自身の考え方や人間関係、人生がゆるやかに好転していく様を描いています。

個人的『ごほうびおひとり鮨』のポイント

お店の情報を事前に得られて「おひとり鮨」のハードルが下がる!

『ごほうびおひとり鮨』に登場するお店はすべて実在します。

藍子さんと大将の会話を通して、各店の店構えや店内の雰囲気だけでなく、大将の人となりや経歴など口コミサイトでは得られない知識を得られるのが嬉しいところ。もちろん魚介の知識やお寿司の雑学も得られます。

漫画の編集後記では、「実際にこの漫画を見て来店されたお客様がいた」とコメントされている大将もいましたよ。登場するお店はすべて『ごほうびおひとり鮨』というコンセプトに賛同して取材を受けたお店ですから、ひとりでお寿司を食べに来られる方はウェルカムなこと間違いなしです。先述の通り、「『ごほうびおひとり鮨』を読んで来ました」と言えば、お店の方々との話のきっかけになるかも知れませんね。

「本当に初心者……!?」な食レポに気を取られないようにする!

この主人公の藍子さん、れっきとしたお寿司初心者ですが、お寿司を食べるごとに感動のあまり弾丸トークを繰り広げ、体全体で喜びを表現します。「あれ?寿司初心者なのにこのコメント力……?」「何か引っかかるな……」と圧倒されるかも知れませんが、言動の一つ一つに気を取られないようにしましょう(笑)

文章でお寿司の一貫一貫の感想を異なる表現で伝えようとすると、どうしても細かな描写にならざるを得ません。これはあくまでも読者に魅力をしっかりと伝えるために多彩な表現をしているだけなのであって、実際にこのような振る舞いが求められているわけではないでしょうし、楽しみ方は十人十色。

そもそも本作はガチガチの寿司通(つう)の原作者と、お寿司初心者の漫画家さんがタッグを組んで制作された作品。玄人感と素人感が混在している状態です(笑)

実際に漫画家さんのほうはお寿司初心者と言う立場から(原作者や編集者の方々と一緒にではありつつも)本作のために一店一店足を運んでお寿司を食べて制作を進めていったとのこと。つまり、漫画家さん自身が「リアル藍子さん」なのです。そういった背景を知ったうえで読み進めたほうが親しみを覚えるのではないでしょうか。

われわれ読者は細かなことに気を取られず、漫画を通して純粋に「ひとりで楽しめるお寿司の世界」を満喫しましょう!

ネガティブをいかにポジティブ転換できるか!

藍子さんはお寿司の沼にハマり、日常のネガティブな出来事を「これは贅沢にお寿司を食べて癒されていいに違いない」と、ことあるごとにポジティブ転換しています(笑)小さなことかも知れませんが、このマインドは個人的にはいいなと思いました。

気持ちが沈んだときの解決策をいくつも持っていると、状況に合った「解決カード」を切れますよね。藍子さんにとっては「ひとりでお寿司を食べに行く」が最強カードになったわけです。お金が張る解決策であることは間違いないですが、心とお腹が満たされて癒され、一人で完結できるこの解決策、最高じゃないでしょうか?

ただ、そのためにはお店選びで失敗したくないですよね。そんなときこそ『ごほうびおひとり鮨』をガイドブックとして活用しましょう!

『ごほうびおひとり鮨』に登場する実在する寿司店一覧

ここでは『ごほうびおひとり鮨』の1巻~5巻で登場したお店を順番に紹介します。実際にこの順番でお店に足を運んでみるのも楽しそうですね。

お店はどんな雰囲気なのか、藍子さんがどんなコースで食べたのか、ネタのお味などなど、詳細が気になる方はぜひ実際に『ごほうびおひとり鮨』を手に取ってみてください。お値段も記載されていますよ!

舞台設定上、東京都内のお店ばかりですが、都外にお住まいの皆さんも東京でお寿司を食べる際の参考にしてみてください。

1巻に登場したお店

2巻に登場したお店

3巻に登場したお店

4巻に登場したお店

5巻に登場したお店

『ごほうびおひとり鮨』の感想

『ごほうびおひとり鮨』は、失恋から立ち直るためにお寿司デビューをした主人公による、江戸前寿司の世界の魅力が次々と展開される作品ですが、

  • 知らない世界に飛び込むのは緊張するけど、世間に遠慮してガマンしたりしない!
  • 少し勇気を振り絞って新しい世界に足を踏み入れてみる!
  • 新しい世界は意外と怖くない!(挑戦しなければ怖いまま!)
  • 好きなことを思い切り楽しむ!

という、お寿司の背後にあるメッセージにも惹かれる作品でした。

そしてとにかくお寿司が食べたくなる……!残念ながら閉業しているお店もあるので、「いつか行こう」と先延ばしせずにどんどんお寿司屋さん巡りをしたいなと思いました。

これからひとりでお寿司屋さんデビューしたい方は藍子さんのマインドをインストールするために、新規開拓をしたい方はガイドブックとして、ぜひ『ごほうびおひとり鮨』を手に取ってみてください。

『ごほうびおひとり鮨』を読むならここがオススメ!

『ごほうびおひとり鮨』は紙の漫画だけでなく、さまざまな電子コミックサイトで読むことができます。そのなかでもAmazonの電子書籍サービスであるKindleで読むのがおすすめ。

また、様々なジャンルの電子書籍200万冊以上が楽しめるサブスクサービスKindle Unlimitedであれば、初めて利用する方は30日間の無料体験が可能です。

数百万冊以上の電子書籍や電子コミック、雑誌が楽しめるKindle Unlimitedには、ベストセラー作品だけでなくお寿司関連のコンテンツも取り扱いがありますので、この機会に無料体験を楽してみてください。

ぜひ『ごほうびおひとり鮨』を楽しんでください!

>> Kindle Unlimitedの無料体験はこちら

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次