甘辛い油揚げとお餅のハーモニーが最高!もち吉の「いなりあげもち」

当ページのリンクには広告が含まれています。

いなり寿司が大好きな皆さんに質問です。油揚げのなかに、酢飯ではなくお餅が入っているものを食べたことはありますでしょうか。もはやお寿司のトピックスではないですが、いなり寿司の流れで見つけてしまったもち吉さんの「いなりあげもち」、とっても美味しかったのでご紹介します!

目次

もち吉の「いなりあげもち」

福岡の老舗米菓メーカー「もち吉」

もち吉」は、1929年に福岡で創業した老舗の米菓メーカー。あられ、おせんべい、おかき、和菓子などを幅広く販売しています。米菓の原料となるお米はすべて国内産。原料選びにこだわりを持つもち吉さん、私たち消費者は安心して食べられますね。

そして、お餅ももち吉さんの主力商品の一つ。おぜんざいやきなこ餅などさまざまな商品を販売されていますが、人気商品の一つが「いなりあげもち」です!

人気商品「いなりあげもち」

もち吉さんのいなりあげもちは、味付きの油揚げのなかにお餅が入った商品。和風だしベースの甘辛い油揚げと、国内産100%の上質なもち米を使用したお餅がひとつになった食べ物です。パッケージには「甘さじゅわっと、もっちりおいしい」と、なんとも魅力的なフレーズが……。本来、ここSushi Andは、お寿司がメインのブログ。しかし、いなり寿司を物色しているうちにいなりあげもちに流れ着いてしまい、どうしても食べてみたい気持ちを抑えきれず(お寿司ではないですが)……取り寄せてみました!

いなりあげもちの二袋セットは、綺麗な緑の箱に入って届きました。ちょっとした贈り物にも良さそうですね。

中を開けると、いなりあげもち二袋がこちらを向いて待機しています。「いざ出陣」という面持ちです(?)。

この一袋に4個分のいなりあげもちが入っています。内容量は以下の通り。

  • 切り餅2個×2袋
  • 味付け油揚げ2枚×2個

裏面は、作り方や電子レンジで温める時間の目安が記載されています。

いなりあげもちの作り方

こちらが一袋に入っている内容量です。写真だと分かりづらいですが、味付け油揚げは1パックの中に2枚入っているので、2パック合わせて4枚という計算です。

いなりあげもちは「開封して温めたらすぐに食べられる」状態ではなく、いなりあげもちの状態にするためにひと作業必要です。といっても作業は簡単で、たった4ステップ

STEP1:油揚げの袋を開封

この一袋のなかに油揚げが2枚入っている状態

まずは味付け油揚げの袋を開封。油揚げが調味液にしっかり浸かっています。調味液をこぼさないように袋に切り込みを入れ、味付け油揚げを取り出します。

STEP2:油揚げの口を開く

味付け油揚げにはあらかじめ切り込みが入っているので、口を丁寧に開きます。
写真では、撮影の都合上、片手で開けていますが、油揚げを破らないように注意して両手で開けましょう!

STEP3:油揚げのなかに切り餅を入れる

切り餅を袋から取り出し、味付け油揚げのなかに入れます。下準備はこれだけ!

STEP4:電子レンジでチン!

セットしたいなりあげもちを、袋の裏面に記載されている温め時間の目安に従って電子レンジで温めます。私は最初、指示通りに600wで50秒温めましたが、それでもまだ若干硬そうだったので温め時間を20秒追加しました。

いなりあげもちを実食!

ちょうどよく柔らかくなったところでさっそくいただいてみると、ジューシーで甘辛い油揚げと、もちっとしたお餅の組み合わせが最高!

味付き油揚げは程よい甘さでとっても美味しい。調味液にしっかり浸っている様子から、食べる前は「結構甘めなのかな」と思っていましたがちょうどいいお味です。

お餅はもっちりと柔らかくて、ほどよく伸びるのが楽しいし嬉しい!お餅をとろっとろにしたい人は、加熱しすぎに注意しながら、もうちょっと時間を追加してもいいかも知れません。

油揚げとお餅、最高の組み合わせですね。大きすぎず小さすぎず、程よくお腹にたまるちょうどいいボリューム感。簡単に作れるので家に常備しておけばおやつとしても重宝しそうです。

最初は「何も作業せずに、袋から開けてそのままレンジでチンするだけで食べられたらいいのにな~」なんて甘えたことを思っていましたが、油揚げに切り餅をインしてレンジでチンするだけの超絶簡単な作業ですし、温める時間も短くて、思い立ったらぱぱっとささっと食べられます。もち吉さん、甘えたことを言ってすみませんでした(笑)

いなりあげもちのアレンジアイデア!

うどんに入れて「きつね力うどん」に

いなりあげもちをうどんのトッピングにすれば、きつねうどん力うどんのいいとこどりに!いなりあげもちの油揚げの甘みがうどんの出汁に染み渡って美味しさ倍増、さらに腹持ちも良く、良いことだらけの一品に。

チーズや海苔で、一味ちがう美味しさに

いなりあげもちのなかに溶けるチーズを入れて電子レンジで温めれば、お餅とチーズが柔らかく溶け合い、ほんのり洋風な味わいに。

また、いなりあげもちを海苔で巻いて食べれば、甘辛いだけじゃないほんのりとした塩味が利いてまた違う美味しさになりますよ!

あんこを入れて甘辛絶品スイーツに!?

ネットでは、いなりあげもちにあんこを入れて食べると美味しいというコメントも!お餅とあんこの相性がいいのは周知の事実ですが、そこに味付き油揚げの甘辛さとジューシーさがプラスされるとどんな世界になるんだろう……?ぜひ試してみたいと思います!

まとめ

甘辛くジューシーな油揚げと柔らかいお餅の相性が抜群なもち吉「いなりあげもち」は、簡単に作れて美味しくて、口のなかにも心にも幸せが広がる一品でした。

子どもから大人まで幅広い世代に好まれそうな「いなりあげもち」、ぜひ一度食べてみてくださいね!

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次